国税
So-net無料ブログ作成
検索選択
国税

第57回輝く!日本レコード大賞は、八百長でなく本当に輝く結果になるのか [小ネタ関連]

「日本レコード大賞」とはウィキペディアによると・・・

対象年度に発売されたすべての邦楽シングルCDの中で「作曲、編曲、作詩を通じて芸術性、独創性、企画性が顕著な『作品』」、「優れた歌唱によって活かされた『作品』」、「大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映・代表したと認められた『作品』」、以上3点に該当する『1作品』に贈る。

↑ とあります。日本レコード大賞参照
b0e35da1.jpg


1959年から始まった日本レコード大賞は昭和の時代は「権威ある賞」として受け止められていました。
しかし、平成に入ると『NHK紅白歌合戦』がそれまでの21時から19時20分と大幅に開始時刻を早めたことで、紅白とのバッティングが生じる事も多くなり出演者の移動がままならなくなる事態となり一気に視聴率が下がりました。

打開策として第32回(1990年)から大賞を「ポップス・ロック部門」と「歌謡曲・演歌部門」に分割しましたが残念ながら効果がなく第35回(1993年)から再統一されています。

そして第36回1994年では大賞のMr.Childrenが授賞式に出席しないという異例の事態となりました。
その結果、第36回(1994年)以降、授賞式に出席しないアーティストを受賞させない方針となったのです。

つまり、どんなにいい楽曲を作ってどんなに売れて国民に支持されても授賞式に出席しないアーティストはノミネートすらされない状態になりました。

その結果第37回1995年からはエイベックス所属のアーティストが占めることになりました。
1995年から2014年の20回中でエイベックス関係は実に13回も大賞に選出されています。

つまり、日本レコード大賞はエイベックス社のイベントなんです。
他所属のアーティストは参加させてもらえるだけなんです。

特にAKB48などは単なる「視聴率アップのための客寄せパンダ」なのです。

特にひどいのは2013年です。
どんなにひどいのかと言うのはこのブログで書いていますので良かったら見てください↓




日本レコード大賞はAKBの3連覇ならず。エイベックス社の八百長レースを暴露。

↑ そうだったな・・・と思う人も多いと思います。


また、昨年2014年もそうだと思います。
レコード大賞の三代目 J Soul Brothers 【R.Y.U.S.E.I.】 はシングル売上で2014年のランキング30位です。
売上では20.7万枚です。

63e207d7.jpg


AKB48の「ラブラドールレトリバー」が、2014年上半期で146万枚でトップでした。これだけ見てもAKBが上でしたから三代目 J Soul Brothersの受賞には????がいっぱいなのです。

また、話題になった曲としては、社会現象と化した『アナと雪の女王』の記録的大ヒット。とりわけ主題歌「Let It Go」の売れっぷりは驚異的で、本作が収録されたCD『アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック』は、2014年5月の時点で累積売上枚数が約46万6000枚、国内のアニメ映画のサントラ売上の中でも歴代1位となっていました。

123001.JPG

まさに全世界の老若男女がレリゴーーーと歌ったのに何の賞ももらっていないのです。おかしいと思うのは自分だけでしょうか。。。。

今年2015年も日本レコード大賞が数時間後に発表されますが、高橋みなみさんは「欲しい」と公言しています。

19955648.jpg

↑ 53回フライングゲットで大賞

年は世界中のどこもかしこもテロ事件だらけでした。 そんな中であるからこそAKB48のノミネート曲「僕たちは戦わない」がレコード大賞であることを祈ります。

審査員の方々はそういう視野に立った良識ある大人だと信じています。




22時10分追記します。


結局 57回日本レコード大賞は三代目 J Soul Brothersが受賞しての連覇となりました。 茶番ですね。またしてもエイベックスグループです。


とうとう日本レコード大賞は身内にだけえこひいきするような賞に成り下がってしまいました。

20年以上前からエイベックスのための賞なのですが、「日本」の大賞という意味を分かっていてもエイベックスを選択しなければならない審査員達の厚顔無恥加減はあきれます。

結局、今年もAKB48はTBSの視聴率を稼ぐための「客寄せパンダ」に使われました。
来年からは真剣に名ばかりの日本レコード大賞などボイコットして欲しいです。

・・・・泣くなたかみな・・・君のせいじゃない。。。。









↓ いらなくなったものの買い取りは・・・









Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。