国税
So-net無料ブログ作成
検索選択
国税
衝撃事件 ブログトップ

イスラム国 後藤健二氏を殺害 首を切る処刑動画・写真 閲覧注意. [衝撃事件]

イスラム国 後藤健二氏を殺害 首を切る処刑動画 閲覧注意.

201502011.JPG

本当に衝撃映像です。見たくない人は退出してください。

こういうことを本当に行う非道なテロリストであることを知っていただくために公開しています。

海外に出かける方は、いつ何時自分が被害者になるかも知れない。と言うことを認識してください。

↓残念ながら動画は2月4日削除されてしまいました。


写真は残します。閲覧注意です。

2015201.JPG

この下は本当に閲覧注意です。

















201502013.JPG


「人を殺してみたかった」の女子大生・大内万里亜容疑者・写真画像あり [衝撃事件]

012903.PNG女子大生は2014年12月7日、千種区に住む無職・森外茂子さん(77)の頭をおので殴るなどして殺害。調べに対し「人を殺してみたかった」などと供述しているという。

名古屋市昭和区に住む名古屋大学理学部1年生の大内万里亜さん(19)が、殺人の疑いで緊急逮捕されました。

751b70bc.jpg


名前:大内万里亜(おおうち まりあ)
生年月日:1995年10月5日
在籍大学:名古屋大学理学部
所属:リーダー部
出身中学:仙台市立上杉山中学校?
出身高校:宮城県私立聖ウルスラ学院英智高等学校(偏差値45 - 65)
  ※特別志学コースType1(65)、特別志学コースType2(58)、尚志コース(45)
血液型:A型
趣味:薬品コレクション
特技:しりとり
今後の目標:警察にお世話にならないよう頑張ります
ひとこと:私は清楚です。


012902.PNG

実は大内は森さんの殺害だけでなく、次のことも分かりました。

「高校時代に友達に毒を飲ませた」という趣旨の供述をしていることについて、
女子学生が通っていた東北地方にある私立高校の校長が28日、記者会見し、
同じクラスだった男子生徒が薬物の影響とみられる症状で入院していたことを明らかにした。

女子学生の関与は不明だが、男子生徒は視力が低下するなどの障害が残ったという。

 校長の説明によると、男子生徒は2012年6月中旬ごろ「体がだるい」と訴え、欠席が増えた。
その後一時的に回復したが、同10月には視力が低下するなどして入院。

医師は「薬物が原因の可能性がある」と指摘し、この高校の関係者は「生徒が失明しそうになったのはタリウムが原因だった」としている。

事件性が考えられることから警察に通報したという。




大内の自宅からは複数の薬品が押収されていたことが、捜査関係者への取材で分かった。
毒性の強い「タリウム」が含まれている可能性があるという。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普段の大内はどんな人だったのでしょうか。

知人らによると、女子学生は、名古屋大学内の部活動でムードメーカーとして活躍。
普段は静かだが、感情の起伏が激しい一面もあった。

薬品の知識を周囲に力説することがあり、「ハムスターを購入して、
自分で作った薬品を投与して効果を試した」と周囲に話していたという。


女子学生の東北地方の実家の近隣住民らによると、女子学生は両親と妹の4人家族で、
数年前に新築の一軒家に引っ越してきた。近所の男性(67)は「明るく円満な家族という印象。

お姉ちゃんはよく自転車で出かける姿を見た。事件を起こすような子には見えない」と驚いた様子。
近くの女性(82)は「両親は共働きで、子ども2人で家にいた。

回覧板を回すとニコニコして『ありがとう』と言ってくれる子だった」と話した。

一方、捜査関係者への取材で女子学生が「おのは中学生の頃から持っていた」などと供述していることも分かった。さらに「人を殺してみたかった」「誰でもよかった」などとも話している。






彼女がこうなった原因は何なのでしょうか。

情緒不安定のようですが、何が彼女をこうさせたのか。

一般常識でしか考えられない私なんか想像ができません。

今回の事件は、佐世保で起きた女子高生の同級生殺害事件を思い出します。

佐世保の事件でも犯人の画像を載せています。

記事はこちらです。  「佐世保で起きた女子高生の同級生殺害事件記事」



ただ、被害者の森さんは宗教団体勧誘者でした。

統一教会の勧誘者か、エホバの聖人の勧誘者のどちらかです。

大内はどちらからも2014年11月から「猛烈な勧誘を受けていた」そうです。

012901.PNG

イスラム国もそうですけど、正常な人間が宗教を信じるとろくなことがないですね。

自分はまったく信仰は無いです。。。。その方が幸せかも。




この大内に関してはまだまだ何か過去の事件が見つかりそうです。。。







御嶽山・噴火の恐怖、「軽トラが降ってくる」!?画像あり [衝撃事件]

霊峰として崇められる御岳山は、江戸時代までは木曽谷の道者と呼ばれる人々しか登ることが許されなかったという。

12.png

他国のものにも上って拝むことを認めなさいと、御岳神社に求める声が出始めてやがて広く開放されるようになりました。

作家の立松和平さんが全国の山々に上って書いた「百霊峰巡礼」を読むと信仰登山の増加ぶりがよくわかる。信者の宿は昭和20年代、客に米の持参を求めた。食糧難で食事を賄いきれなかったのだろう。

戦中は出兵前の兵士が大勢お参りに来て戦後は無事に帰った人達がお礼参りに訪れた。

今は一般登山客も多いだろう。秋の盛りの昨日も標高3,067メートルからの眺望は素晴らしかったに違いない。

その御岳山が噴火をした。大勢の登山客が巻き込まれ深刻な事態となっている。

11.png

立松さんがのぼったのも秋だ。ロープウェイの駅から山頂まで4時間。あたりは岩ばかりである。
眼下には噴火口が見える。

・・・・・紅葉が美しかった視界は一瞬で真っ暗になった。「地獄のようだった」。27日に噴火した御嶽山から下山した登山客は恐怖の瞬間を振り返った。


14.png

山頂についたときは晴天だったが、変な前兆を感じたという。霧がかかっていたのは山でもよくあることだが、晴天と霧が交互に続いて、硫黄のにおいがきつかった。周りの人も気になったようで「なんか、今日はよく臭うね。風向きのせいかな」と話していた。

噴火が起きたのは降り始めて200メートルぐらいの地点。突然「パーン、パーン」と鉄砲を撃ったような乾いた音が響き渡った。田中さんが「誰か猟銃でも撃ったのか」と思って振り返ると、山頂からもくもくと灰色の煙が上に向かって伸びたかと思うと、横に広がっていった。「このときは、みんな写真を撮るなどのんびりしたものだったが、急に煙が向きを変え、自分たちのいる方向に雪崩のように迫ってきた」

「まずい」と思い、灰が降りかかるのと同時に電気を消したかのように真っ暗になった。「自分の手も見えないくらい暗くて、滑落すると危険だからと、みんなでしゃがんだら、しめって500円玉ぐらいの大きさにくっついた噴石のかたまりが打ち付けるように降り始めた。風は強くて、灰が待ってるから目も開けられず、硫黄の臭いも充満していた。呼吸したら死んでしまうのかもと気が気じゃなかった」

19.png


 温風と冷風が交互に襲い、「このまま溶岩が流れてきて死ぬのかな」と思ったという。「『バーン、バーン、バーン』という音がして、雷が光っているのが暗闇でも見えた。本当に地獄のようだった。いつまでこんなことが続くんだろうと恐怖を感じながら20分ほどたったときに少し明るくなり、『今しかチャンスはない』と崖側に転落防止のために設置されたロープにつかまりながら、ゆっくり降り始めた」


・・・・・・午前11時40分ごろ山頂に到達し、火口を回る「おはち巡り」をしていたところ、突然「ドカン」と大きな音がした。驚いて音がした方向を見ると、石を空中に飛ばしながら、一気に煙が噴き出していた。まもなく強い硫黄臭が漂い、嘔吐(おうと)する登山客もいた。

火山灰とともに、周囲に直径1メートルぐらいの大きさの石が飛んできたため、急いで岩陰に隠れた。まもなく、もう一度「ドカン」という音が鳴り、今度は軽トラック大の石が飛んでくるようになった。巨大な石は地面にぶつかって割れ、破片が四方八方に飛び散った。黒い雨が降り始め、雷のような音も鳴ったという。灰はひざ上まで積もった。「もうダメだ」。そう思った。

15.png



緊迫した様子は写真からも充分伝わってきます。

例年、御岳山は9月下旬が好転に恵まれる率も高く、紅葉も見頃とあり、たくさんの観光客が押し寄せます。好天の土曜日の真昼。突然人々を襲った大噴火。

改めて日本は火山国であり地震国でもあると考えさせられる出来事です。
未だに行方不明者がいるという。安否不明者がいるという情報が錯綜しています。

一刻も早い救助が待たれます。











タグ:御嶽山噴火

佐世保高1女子惨殺事件・加害者少女実名と顔写真 [衝撃事件]

先月27日、佐世保市のマンションの部屋で、15歳の高校1年生の女子生徒が死亡しているのが見つかり、被害者の同級生でこの部屋に1人で住む16歳の女子生徒が、殺人の疑いで警察に逮捕されました。

c169ef64.png
加害者とその父

これまでの調べで、女子生徒は、動機について、「猫を解剖するうちに、人を殺したいと思うようになり、我慢できなくなった」などと供述していることがわかっています。

さらに女子生徒の部屋からは現金およそ100万円が見つかり警察が押収していたことが分かりました。現金について、女子生徒は「以前、親からもらった」と供述しているということです。

この100万円は父親からの手切れ金でしょうか。

自分たちでは手に負えずに、精神科医からも見放された二重人格者を隔離したつもりだったのでしょうか。

 加害女子生徒はどんな子どもだったのか。地元で有名な名士の一家に生まれ、県内有数の中高 一貫校に進学、女子生徒を知る人は「目標は東大って聞いていた」という。学業だけでなく、スポーツは長崎県代表として全国大会に出場、美術展では最優秀賞、ピアノコンクールでも入賞するという幅広い才能の持ち主だ。

 ところが、異常な行動もあった。4年前の小学校6年生の時だ。市教育関係者によると、女子生徒が給食時に味噌汁に漂白剤を入れ、複数の子どもが嘔吐する事件があった。この時は母親が保護者に土下座して詫びたために大きな問題にならなかったが、父親は「学校や教育現場の管理が悪いからこういう問題が出たのではないか」と学校側に反発したという。女生徒には小動物を解剖する問題行動もあったという。この教育関係者は「この時きちっと対処していれば今回の事件は起こらなかったかもしれない」と悔やんでいる。


【奇行を隠蔽し続けた祖父と父親】

小学校で給食に洗剤投入

教育委員の母、弁護士の父、新聞社経営の祖父が隠蔽。被害者に慰謝料積む
>>1回目、ここで精神治療の道が絶たれる

佐世保北中学校で小動物殺して解体を繰り返す

教育委員の母、弁護士の父、新聞社経営の祖父が隠蔽
>>2回目、ここで精神治療の道が絶たれる

本来なら、問題行動のある生徒はエスカレーターに乗れない筈が、何故か佐世保北高校に進学
※父親は佐世保北中・高校のPTA会長

一人暮らしを始めて不登校になる

>>3回目、ここで精神治療の道が絶たれる

金属バッドで親に襲い掛かるも、親が被害届けださず 頭蓋骨陥没、歯はぼろぼろになるぐらい痛めつけた」(加害生徒を知る男性)
>>4回目、ここで精神治療の道が絶たれる

愛和さんを殺害して解体


このような事件を起こしておいて、未成年だからという理由だけで身元も顔写真も公表されないって言うのが
個人的には許せないです。

ましてや何度も更生させるチャンスがありながら、娘かわいさと自分の社会的保身のために適切な処置を怠った家族も同罪と考えます。

今後このような痛ましい事件が繰り返されないためにも実名も顔も報道すべきと考えます。
ということでこのブログでは公表します。しかし、いつまでもつかはわかりません。

削除されたらごめんなさい。ですね。


■加害者:徳勝 もなみ(とくかつ もなみ)
15歳、佐世保北高等学校1年生、スピードスケートで国体出場
家族の勧めもあって幼いころからスポーツをし、勉強の成績も優秀で活発な女の子だった。
中学3年の秋に大好きだった実母をがんで亡くし、明るさが失われていたという。

fa380b0a.png

ae0c470e.jpg

■父:徳勝 仁(とくかつ ひろし)
昭和36年 長崎市生まれ 昭和60年3月 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業 平成2年4月 弁護士登録(佐世保市での業務を開始)

b91034b9.png

■母:徳勝 宏子(とくかつ ひろこ)
故人、平成25年10月没 享年51歳

bf2cfba7.jpg

■被害者:松尾 愛和(まつお あいわ)15歳、佐世保北高等学校1年生

ac2e1435.png

被害者の愛和さんは友達の中でも明るく活発で中心的存在であった…

466ceacd.jpg

愛和さんは明るく面倒見のよい人気者でした。

15歳。。自分には何の落ち度もないのに「まさか同級生に殺されるとは」思いもよらなかったことでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。









衝撃事件 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。